スマート農業、世界に披露=無人田植え機を実演-新潟

政治・外交 経済・ビジネス

20カ国・地域(G20)農相会合に関連し、新潟市で12日、無人田植え機やドローン(小型無人機)を使った「スマート農業」の実演会が開かれた。G20をはじめ各国の農業担当相らは自動で苗が植えられる様子をカメラに収めるなど、日本の先端技術を興味深そうに見入った。

新潟市が農機メーカーなどと実施している実証実験を披露した。無人田植え機は車輪に付いたセンサーで土壌の養分を解析し、効率的な肥料投入も可能となる。カメラを搭載したドローンは農薬散布のほか、苗や稲を撮影して育成状況を分析できる。無人で農地を耕すトラクターも登場した。

G20農相らの前で実演された自動走行の無人田植え機=12日、新潟市G20農相らの前で実演された自動走行の無人田植え機=12日、新潟市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 農林水産政策 経済国際会議 日本