菅官房長官、「ミサイル遺憾」共有明言せず=米大統領発言を考慮か

政治・外交

菅義偉官房長官は13日の記者会見で、北朝鮮による9日の短距離弾道ミサイル発射について、ペンス米副大統領との10日の会談で「極めて遺憾」との認識で一致したかどうか明言しなかった。会談直後に日本政府は認識を共有したと説明したが、トランプ大統領が発射を問題視しないと発言したのを考慮した対応とみられる。

記者会見に臨む菅義偉官房長官=13日午前、首相官邸記者会見に臨む菅義偉官房長官=13日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 日本 北朝鮮 米国