かんぽの宿11施設終了=赤字で、閉鎖か譲渡へ-日本郵政

経済・ビジネス 政治・外交

日本郵政は13日、全国に保有している保養宿泊施設「かんぽの宿」のうち、箱根(神奈川県箱根町)、別府(大分県別府市)、富山(富山市)など11カ所について、12月20日に営業を終了すると発表した。いずれも施設の老朽化などで今後の収益改善が見込めないため。今後、閉鎖か譲渡を検討する。

日本郵政はかんぽの宿を中心に、休館中を含め全国に53の施設を保有。いずれも採算が悪化しており、宿泊事業全体で営業赤字が続いている。不採算施設を中心に順次閉鎖や譲渡を進める計画だ。

箱根、別府、富山のほか営業を休止するかんぽの宿は、郡山(福島県郡山市)、磯部(群馬県安中市)、勝浦(千葉県勝浦市)、諏訪(長野県諏訪市)、岐阜羽島(岐阜県羽島市)、浜名湖三ケ日(浜松市)、湯田(山口市)、徳島(徳島市)。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 提携・合併・買収 郵政 日本 神奈川県 北陸 富山県 九州