縄文人ゲノムを高精度解析=「酒に強い」特徴も-国立科博など

社会 科学 技術

国立科学博物館などの研究チームは13日、北海道・礼文島の船泊遺跡から発掘された約3500~3800年前の縄文時代後期の女性人骨から全遺伝子情報(ゲノム)を高精度に解析したと発表した。論文は近く、日本人類学会の英文誌に掲載される。

国立科博の神沢秀明研究員、国立遺伝学研究所の斎藤成也教授らのチームは船泊遺跡で見つかった女性人骨の大臼歯からDNAを採取。保存状態がよく、現代人とほぼ同じ精度でゲノムを解析することができた。

解析の結果、縄文人の祖先は約1万8000~3万8000年前に、中国大陸に住む現在の漢民族との共通祖先から分岐したと推定。ロシア極東部から朝鮮半島、台湾の先住民など東アジアの沿岸部の集団と遺伝的に近く、比較的少ない人口集団で狩猟採集生活を続けていたことも分かった。

遺伝情報から復元された縄文時代後期の女性の顔(国立科学博物館提供)遺伝情報から復元された縄文時代後期の女性の顔(国立科学博物館提供)

北海道・礼文島の船泊遺跡から発掘された縄文時代後期(約3500~3800年前)の女性人骨(国立科学博物館提供)北海道・礼文島の船泊遺跡から発掘された縄文時代後期(約3500~3800年前)の女性人骨(国立科学博物館提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 環境・生物・自然 科学技術(理系的) 科学 技術 日本 北海道