維新、丸山衆院議員を除名へ=北方領土「戦争奪還」発言

政治・外交

日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は14日、ロシアに実効支配されている北方領土の「戦争による奪還」に言及した丸山穂高衆院議員(35)=大阪19区=を除名する意向を表明した。維新はこの後、国会内で臨時役員会を開き、丸山氏の処分を党紀委員会に諮る方針を決めた。党内外から丸山氏に議員辞職を求める声が上がった。

松井氏は市役所で記者団の取材に応じ、丸山氏の発言について「国会議員として一線を越えた発言で、元島民、国民に不快な思いをさせた」と述べ、陳謝した。今後の対応に関し「一番厳しい処分になる。除名だ」と明言し、「議員辞職すべきだ」とも語った。

丸山氏は経済産業省出身で当選3回。10日から北方領土の「ビザなし交流事業」に参加し、訪問先の国後島で元島民に対し「戦争で島を取り戻すことには賛成か」「戦争しないとどうしようもなくないですか」などと発言した。酒に酔っていたという。丸山氏は臨時役員会に先立ち離党届を提出した。

丸山穂高 衆議院議員丸山穂高 衆議院議員

臨時役員会に臨む日本維新の会の片山虎之助共同代表(中央)ら=14日午後、国会内臨時役員会に臨む日本維新の会の片山虎之助共同代表(中央)ら=14日午後、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 日本 大阪市