スルガ銀、不正融資1兆円超=新生銀、ノジマと業務提携-17年ぶり赤字

経済・ビジネス

スルガ銀行(静岡県沼津市)は15日、投資用不動産融資の全件調査結果を公表し、不正融資の総額が1兆円を超えたことを明らかにした。同行は、新生銀行、家電量販店のノジマとそれぞれ業務提携すると発表。資本面での提携も検討するとし、不動産融資に傾斜したビジネスモデルの転換を図り再建を目指す。

スルガ銀行は昨年10月、投資用不動産融資をめぐる問題について弁護士らに調査を委託。調査は4月下旬に終了し報告書がまとめられた。それによると、行員による不正は、疑いのあるものも含め6401億円(9388件)に上り、本来、顧客が支払う頭金を不動産業者が立て替えたと疑われるものが4300億円に及んだ。

沼津市内で記者会見した有国三知男社長は一連の不正について、「過度な営業実績主義が招いた結果で、大変反省している」と改めて陳謝した。

報告書では、銀行法が禁じている投資用不動産と無担保ローンの抱き合わせ販売がこれまでの判明分から倍増したことや、無担保ローンをめぐる詐欺的なデート商法に行員が関与していたことも明らかになった。

一方、業務提携では新生銀行と住宅ローンなど個人向けや事業承継など法人向けビジネスなどで協力。ノジマとはクレジットカードの共同事業化などに取り組む。

スルガ銀の2019年3月期の連結純損益は、971億円の赤字(前期69億円の黒字)で、通期としては02年3月期以来17年ぶりの赤字となった。20年3月期は、105億円の黒字転換を見込む。

記者会見するスルガ銀行の有国三知男社長=15日午後、静岡県沼津市記者会見するスルガ銀行の有国三知男社長=15日午後、静岡県沼津市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 提携・合併・買収 日本