日米首脳、27日に会談=「史上最高の同盟」演出

政治・外交

国賓として25日から28日まで来日するトランプ米大統領の滞在中の日程が固まった。27日に安倍晋三首相と会談。今月即位された天皇陛下と外国首脳として初めて会見し、宮中晩さん会にも臨む。首相とのゴルフや大相撲観戦も予定しており、「日米同盟が史上かつてなく強固であることを示す」(首相)のが狙い。

政府関係者が16日、明らかにした。トランプ氏は、25日夕に大統領専用機で来日。26日に千葉県内のゴルフ場で首相とともに5回目となるゴルフをプレーする。午後には東京・両国国技館で大相撲夏場所の千秋楽を観戦。幕内優勝力士に特注のトランプ杯を自ら授与する予定だ。同日夜には、首相夫妻による非公式の夕食会に臨む。

27日午前、皇居で天皇、皇后両陛下と会見した後、東京・元赤坂の迎賓館で首相と会談する。その後、拉致被害者家族とも面会する。日米首脳会談では、北朝鮮の非核化や拉致問題、日米貿易協定交渉などをめぐり協議する。28日には、海上自衛隊のいずも型護衛艦「かが」に乗艦する予定。

菅義偉官房長官は16日の記者会見で、トランプ氏来日について「新たな令和の時代に、初めての国賓としてトランプ大統領ご夫妻をお迎えすることは、日米同盟の揺るぎない絆を象徴するものだ」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 日本 米国