ドコモ、端末代3分の1免除=負担減へ「36回払い」-6月から

経済・ビジネス

NTTドコモは16日、高価格帯スマートフォンの端末代金の支払いを最大3分の1免除する新たな販売方法を導入すると発表した。スマホを36カ月の分割払いで購入し、2年後の24カ月目に返却した場合、残りの12カ月分の支払いが不要となる。今秋にも端末代と通信料を切り分ける「分離プラン」の義務化を控え、予想される端末価格の上昇に先手を打つ形で、利用者の負担軽減を図る。

6月1日に新サービス「スマホおかえしプログラム」を全国の販売店で始める。米アップルの「iPhone(アイフォーン)」や、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマホを対象に、機種はドコモが順次、指定する。

2019年夏モデルのスマートフォン最新機種を説明するNTTドコモの吉沢和弘社長=16日午後、東京都内2019年夏モデルのスマートフォン最新機種を説明するNTTドコモの吉沢和弘社長=16日午後、東京都内

新サービス「スマホおかえしプログラム」発表会で撮影に応じる(左から)俳優の新田真剣佑さん、NTTドコモの吉沢和弘社長、星野源さん=16日午後、東京都内新サービス「スマホおかえしプログラム」発表会で撮影に応じる(左から)俳優の新田真剣佑さん、NTTドコモの吉沢和弘社長、星野源さん=16日午後、東京都内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新サービス 日本