大卒就職率、高水準維持=高卒は9年連続改善

経済・ビジネス

厚生労働省と文部科学省は17日、今春卒業した大学生の就職率(4月1日時点)が前年比0.4ポイント低下の97.6%だったと発表した。悪化は8年ぶり。ただ、2017年と同じ過去2番目の高水準を維持している。高校生の就職率(3月末時点)は0.1ポイント上昇の98.2%と、9年連続の改善で、「企業の高い採用意欲が継続している」(文科省)という。

新卒採用は、求人数が就職希望者数を大幅に上回る「売り手市場」。就職を希望した大学生の割合は0.7ポイント上昇の76.0%で、過去最高を更新した。

大卒就職率の内訳は男子が0.2ポイント低下の97.3%、女子が0.8ポイント低下の97.8%。地域別では関東、中部、中国・四国、九州が前年を下回った。北海道・東北と近畿は前年を上回り、ともに過去最高となった。

高卒の内訳は、男子が横ばいの98.5%、女子が0.2ポイント上昇の97.6%。都道府県別では最高が福井の99.9%、最低が沖縄の92.9%だった。

調査対象は、大学生が国公私立62校の4770人。高校生は、卒業生のうち就職を希望していた18万7342人。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・失業 統計 日本 北海道