自動運転車に安全基準=改正道路運送車両法が成立

政治・外交

自動運転車の安全性を確保するための制度整備を柱とした改正道路運送車両法が17日の参院本会議で全会一致で可決、成立した。周囲の交通状況の把握に必要なカメラやレーダーといった「自動運行装置」を、技術的な要件を定めた保安基準の適用対象とすることを明示。先進技術に対応した自動車整備事業者の認証制度も整える。現行法は自動運転車を想定した規定がなかった。

政府は自動化のレベルのうち、緊急時は手動運転に切り替える「レベル3」を、2020年をめどに高速道路上で実用化することを目指している。また同時期までに過疎地など限定地域で、運転手を必要としない「レベル4」の移動サービスを導入する考え。国土交通省は今後、自動運行装置が使用できる走行速度やルート、天候など具体的な条件を検討する。

自動運転車の安全性を確保するための制度整備を柱とした改正道路運送車両法が参院本会議で可決、成立し、一礼する石井啓一国土交通相=17日午前、国会内自動運転車の安全性を確保するための制度整備を柱とした改正道路運送車両法が参院本会議で可決、成立し、一礼する石井啓一国土交通相=17日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 法案 運輸政策 日本