「スープラ」復活=トヨタ、17年ぶり

経済・ビジネス

トヨタ自動車は17日、新型「スープラ」を発売した。スープラは同社の代表的なスポーツカーで、2002年に生産を終了して以来、17年ぶりの復活。友山茂樹執行役員副社長は「世界中に愛され続けてきたスープラをこの世に再度、送り出せた。次の100年も車を面白くする挑戦を続けていきたい」と話した。

独自動車大手BMWと共同開発した。オーストリアで生産する。価格は490万~690万円で、低重心化でカーブ走行の安定性を高め、加速など走りの質を追求した。時速100キロに4.3秒で到達するモデルもある。

スープラは1978年、「セリカXX(ダブルエックス)」として登場。現在の名称になった86年以降、世界で約29万台を売り上げた。

トヨタ自動車の新型「スープラ」=17日午後、東京都江東区トヨタ自動車の新型「スープラ」=17日午後、東京都江東区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新製品 日本