三菱自、企業連合の活用重視=加藤次期CEOが会見

経済・ビジネス

日産自動車やフランス自動車大手ルノーと3社連合を組む三菱自動車の加藤隆雄・次期最高経営責任者(CEO)は20日、東京都内で記者会見した。今後の経営方針について「企業連合の活用と(得意分野への)集中戦略で競争力を磨く」と述べ、3社の提携関係を重視する姿勢を示した。加藤氏は三菱自のインドネシア合弁子会社の社長を務めており、6月21日の株主総会を経て正式にCEOに就任する。

会見に同席した益子修会長兼CEOは、加藤氏をCEO候補に選んだ理由について、ロシアやインドネシアで生産の合弁会社設立に関わった経歴を紹介し、「自動車会社のリーダーとして経験を積んでいる」と強調した。

一方、日産・ルノーとの3社連合に関しては「すぐに(後任に)バトンタッチしても難しい」と語り、当面は自身が協議などを引き続き担当することを明らかにした。

記者会見する三菱自動車次期最高経営責任者(CEO)の加藤隆雄氏(右)と益子修会長兼CEO=20日午後、東京都港区記者会見する三菱自動車次期最高経営責任者(CEO)の加藤隆雄氏(右)と益子修会長兼CEO=20日午後、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 フランス インドネシア 日本 ロシア