積立金崩し2社が増益確保=災害多発、保険金1.6兆円-3大損保

経済・ビジネス

損害保険大手3グループは20日、2019年3月期連結決算を発表した。大規模な自然災害が相次ぎ、3社合計の保険金支払額は約1兆6000億円と急増。しかし、各社とも災害に備えた積立金を取り崩すなどして業績への影響を抑え、純利益はMS&ADインシュアランスグループホールディングスとSOMPOホールディングスの2社が増益を確保した。

18年は7月の西日本豪雨や、関西国際空港が浸水した台風21号、各地に停電被害などをもたらした台風24号など大きな被害を伴う自然災害が発生。3社合計で前期から大幅に増えた保険金額について最大手、東京海上ホールディングスの藤田裕一専務は「(地震関連を除けば)過去最大規模だ」と影響の大きさを指摘した。

3社は積立金の取り崩しや再保険の活用により、決算への影響額を軽減したものの、東京海上の純利益は3.4%減の2745億円にとどまった。一方、保有株式の売却益なども寄与し、MS&ADは25.1%増の1927億円、SOMPOは4.9%増の1466億円。売上高に相当する正味収入保険料はSOMPOを除く2社が増収だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本