新エリア「ファンタジースプリングス」=22年度開業-ディズニーシー

経済・ビジネス 旅と暮らし

東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドは21日午前、約2500億円を投じて2022年度の営業開始を目指す「東京ディズニーシー」(TDS)の新エリアの名称を「ファンタジースプリングス」と発表した。人気映画「アナと雪の女王」などのアトラクションや全475室の大型ホテルを新設する。

加賀見俊夫・会長兼最高経営責任者(CEO)は記者団に対し、「(祖父母から孫まで)3世代が一緒に楽しめる場所にしたい」と語った。また、新エリアの起工式には米ウォルト・ディズニーのアイガーCEOも駆け付けた。

東京ディズニーシー(TDS)新エリアの起工式後に開かれたセレモニーで記念撮影する加賀見俊夫会長兼最高経営責任者(CEO・右から3番目)ら=21日午前、千葉県浦安市東京ディズニーシー(TDS)新エリアの起工式後に開かれたセレモニーで記念撮影する加賀見俊夫会長兼最高経営責任者(CEO・右から3番目)ら=21日午前、千葉県浦安市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 設備投資 テーマパーク ディズニー 東京ディズニーリゾート