ローマ字も「姓-名」表記を=官公庁や報道機関に周知へ-文化庁

政治・外交 社会 文化

文化庁は近く、日本人名のローマ字表記を欧米式の「名-姓」ではなく、「姓-名」の順にするよう要請する通知を行政機関などに出す。柴山昌彦文部科学相が21日の閣議後の記者会見で表明した。報道機関などにも要請する方針で、2000年に同庁の国語審議会(当時)が出した答申内容を改めて周知させる。

柴山文科相は会見で、同省が作成した自らの名刺や英語版ホームページ(HP)での政務三役の名前すら「名-姓」順になっていると指摘。「答申の趣旨が十分に共有されていないのではないか」と述べ、ローマ字の「姓-名」表記が周知されていないとの認識を示した。これを受け、HPの表記は即座に変更された。

ローマ字表記が「姓―名」に変わった文部科学省の英語版ホームページの名前表記(写真上)と旧ホームページの「名―姓」の表記(同下)ローマ字表記が「姓―名」に変わった文部科学省の英語版ホームページの名前表記(写真上)と旧ホームページの「名―姓」の表記(同下)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文教政策 文化・歴史(文系的) 文化 日本