ファーウェイ製スマホの発売延期=KDDIとソフトバンク-ドコモは予約中止

経済・ビジネス

KDDI(au)とソフトバンクは22日、中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)が製造した新型スマートフォンの発売を延期すると発表した。両社は今月下旬に売り出す予定だった。NTTドコモは、今年夏に販売すると発表したファーウェイ製スマホの予約受け付けを中止した。

ファーウェイは、米政府の制裁措置により、スマホに不可欠なIT製品・サービスが調達できない恐れが出ている。同社製スマホの利便性に影響を及ぼしかねず、現時点では販売を見合わせることにした。米中貿易摩擦は日本の携帯大手が販売を延期する事態に発展。一般のスマホ利用者にも影を落としてきた。

対象はKDDIの「HUAWEI P30 lite Premium」、ソフトバンクの「HUAWEI P30 lite」、ドコモの「HUAWEI P30 Pro」。高性能なカメラ機能を備えつつ、3万円台からの端末もあり、価格が抑えられているという。

発売の延期について、KDDIは「影響の範囲と事実関係を確認しており、総合的に判断した」と説明した。ソフトバンクは「安心して販売できる状況かどうか影響を確認中」と述べた。

海外メディアによると、スマホ向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」を提供する米グーグルは、米政府の制裁措置に対応してファーウェイとの取引を一部停止するという。

アンドロイドが使用できなくなった場合、それに対応したアプリも使えなくなる。グーグルが提供する「Gメール」や「グーグルマップ」などのサービスも使えなくなる可能性もある。

現時点では、既に発売済みのファーウェイ製のスマホなどは影響を受けない。量販店は「既存製品については販売を続ける」(ビックカメラ)などと話している。

発表会で新型スマートフォンを掲げるファーウェイデバイスの呉波日本・韓国地域プレジデント(中央)=21日、東京都渋谷区発表会で新型スマートフォンを掲げるファーウェイデバイスの呉波日本・韓国地域プレジデント(中央)=21日、東京都渋谷区

KDDI(au)が発売を延期した、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)製の新型スマートフォン「HUAWEI P30 Lite Premium」(KDDI提供)KDDI(au)が発売を延期した、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)製の新型スマートフォン「HUAWEI P30 Lite Premium」(KDDI提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 中国 日本