格安スマホ会社も発売延期=マイネオやLINE-ファーウェイ端末

経済・ビジネス

中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)製の新型スマートフォンをめぐり、携帯電話大手に続き、格安スマホ会社でも発売を延期する動きが広がってきた。同社製端末の需要拡大を背景に、格安スマホ会社が今後の主力製品と期待していた新型の発売を先送りにしたことで、業績への悪影響も懸念される。

23日は、格安スマホサービス「mineo(マイネオ)」を提供するオプテージ(大阪市)、「IIJmio(アイアイジェイミオ)」を展開するインターネットイニシアティブ(IIJ)、LINEモバイル(東京)の3社が、ファーウェイ製新型スマホ「P30」「P30ライト」の発売延期を公表した。

延期の理由について、オプテージは「安心して販売できる状況かどうか影響を確認する」と説明。LINEモバイルは「顧客の不安も大きく、安心して利用できる状態が確認できるまで延期する」とコメントした。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 中国 大阪市 日本