新型スパコンは「富岳」=「京」後継、性能100倍-理研

科学 社会 技術

理化学研究所は23日、スーパーコンピューター「京(けい)」(神戸市)の後継機の名称が「富岳(ふがく)」に決まったと発表した。2021年の運用開始を目指し開発を進めている。

富岳は富士山の異名で、性能の高さや、多くの分野で多数のユーザーが使う裾野の広さなどの意味を込めた。富士山は海外でも知名度が高く、親しみやすい点も理由となった。

名称の公募には5000件を超える応募があり、理事会議で決定した。候補には「穹(きゅう)」「叡(えい)」や「Yukawa」などがあり、最も多かった案は京の1万倍を表す数の単位「垓(がい)」、2位は「雅(みやび)」だった。

記者会見した松本紘理事長は「熱い期待が寄せられている。完成と運用に今後も全力を尽くす」と述べた。

富岳はソフトウエアの改良と合わせ京の100倍以上の計算能力を目指す。医薬品の開発や地震・津波被害の推定などの防災分野、新材料の探索といった産業分野など、幅広い活用が期待される。

理化学研究所のスーパーコンピューター「京」の後継機の名称「富岳」を発表する松本紘理事長=23日午後、東京都中央区理化学研究所のスーパーコンピューター「京」の後継機の名称「富岳」を発表する松本紘理事長=23日午後、東京都中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 科学技術(理系的) 科学 技術 日本 兵庫県 神戸市