はれのひ元社長、二審も実刑=銀行から融資金詐取-東京高裁

社会

銀行から融資金をだまし取ったとして詐欺罪に問われた振り袖の販売・レンタル「はれのひ」(破産)元社長篠崎洋一郎被告(56)の控訴審判決が24日、東京高裁であった。栃木力裁判長は懲役2年6月の実刑とした一審横浜地裁判決を支持し、被告側控訴を棄却した。

栃木裁判長は「会社の財務状況を偽って融資金を詐取し、損害については被害回復の見込みもない」と述べ、一審の判断を支持した。

判決によると、篠崎被告は2015年9月期決算で、実際は赤字なのに営業利益が出たと偽るなどして横浜銀行と東日本銀行に融資を申請。16年9月、両行から計約6500万円を詐取した。

同社は18年の成人の日の直前、複数店舗を突然閉鎖し、成人式で振り袖を着られない新成人が続出。篠崎被告は同年6月に米国から帰国し、逮捕された。同社は横浜地裁に破産手続きを申請したが、手続きは財産不足を理由に廃止された。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 日本 東京都 神奈川県