邦人15人を逮捕=タイ拠点詐欺容疑-日本に移送・警視庁など

社会

タイ中部パタヤを拠点に特殊詐欺をしていたとみられる日本人の男15人がタイ警察に摘発された事件で、警視庁など4都県警の合同捜査本部は24日、全員をタイから日本に移送し、詐欺容疑で逮捕した。逮捕状は航空機内で執行され、同日午後、タイを先に出発した3人が成田空港に、残り12人は羽田空港に到着した。

逮捕されたのは、いずれも住所不定、職業不詳の遠山康隆(54)、岩本颯(23)、池原誠二(33)各容疑者ら22~54歳の男。岩本容疑者ら2人が「間違いありません」などと容疑を認め、残りは否認もしくは黙秘しているという。

逮捕容疑は3月29日、タイから福井市の50代女性に有料サイトの利用料未払いがあるという内容のうそのメールを送信。支払いのためと偽り30万円相当の電子ギフトカードを購入させてだまし取った疑い。

警視庁によると、1~3月に15人が関与したとみられる特殊詐欺は全国で80件以上、被害総額は7000万円以上に上るという。

24日、日本に移送するため、バンコク郊外の空港に到着した詐欺容疑の男(中央)ら24日、日本に移送するため、バンコク郊外の空港に到着した詐欺容疑の男(中央)ら

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 タイ