旧政府専用機の貴賓室公開=首相や皇族使用-空自

社会

3月に退役した旧政府専用機の貴賓室が24日、航空自衛隊千歳基地(北海道千歳市)で、報道関係者に初めて公開された。貴賓室は、1993年に専用機の運用が始まって以来、歴代首相や皇族が使用。今後は取り外され、展示などが検討されている。

貴賓室は1階最前部を占め、広さ33平方メートル。机2台と革張りの椅子5脚を設置。衛星電話も備え、空飛ぶ執務室といった趣だ。ベッドやソファのほか、シャワー室や洗面所も完備し、後方には夫人用の部屋がある。

報道公開された旧政府専用機の貴賓室=24日午前、北海道千歳市報道公開された旧政府専用機の貴賓室=24日午前、北海道千歳市

報道公開された旧政府専用機の夫人室=24日午前、北海道千歳市報道公開された旧政府専用機の夫人室=24日午前、北海道千歳市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

北海道 時事通信ニュース 政府・内閣 軍・自衛隊(社会面) 運輸・交通 航空自衛隊 航空機