マクドナルドに課徴金命令=ローストビーフで不当広告-消費者庁

社会 暮らし 政治・外交

テレビCMなどで、ローストビーフに実際には使っていない牛ブロック肉を使用しているかのような広告を流したとして、消費者庁は24日、景品表示法違反(優良誤認)で日本マクドナルド(東京都新宿区)に課徴金2171万円の支払いを命じた。成形肉を使用していたという。

課徴金の対象は、2017年8~9月、テレビで放送された「東京ローストビーフバーガー」のCMや、店舗内のポスターなど。消費者庁によると、商品を紹介する音声と共に、牛赤身の肉塊をスライスする映像を流すなどしていた。

日本マクドナルドによると、対象商品は17年に3週間だけの期間限定で、日本全国の約2900店舗で販売していたという。

日本マクドナルド広報部の話 真摯(しんし)に受け止め、より分かりやすい商品情報の提供や透明性のある表現に努める。

景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、消費者庁が課徴金の支払いを命じた日本マクドナルドの広告景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、消費者庁が課徴金の支払いを命じた日本マクドナルドの広告

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 消費者問題 暮らし 産業政策