千葉沖で貨物船衝突、1隻沈没=1人死亡、3人不明

社会

26日午前2時10分ごろ、千葉県銚子市の犬吠埼の南約11キロの沖合で貨物船同士が衝突し、1隻が沈没した。沈没した船の乗組員5人のうち4人の行方が分からなくなり、同日夕に船内で1人が見つかったが、搬送先で死亡が確認された。海上保安庁が残る3人の捜索を続けている。

第3管区海上保安本部によると、衝突したのは愛媛県今治市の海運会社の「千勝丸」(499トン)と広島県呉市の海運会社の「すみほう丸」(同)で、千勝丸が沈没。その後、現場付近の約30メートルの海底で船体を発見し、船内居住スペースの通路から1人が心肺停止状態で見つかった。

死亡したのは静岡市の矢野彰さん(72)で、行方不明となっているのは鹿児島県指宿市の上村一文さん(60)、秋田市の瀬野博さん(69)、愛媛県今治市の馬越才五さん(67)。船長の男性(60)は巡視船が救助し、命に別条はない。すみほう丸の乗組員4人も全員無事という。

事故当時、現場付近は霧が出ていて視界が悪かったという。千勝丸は鋼材約1300トンを積み、茨城県の鹿島港から大阪に向かっていた。沈没直前の千勝丸の無線を海保が傍受し、事故を認知した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故