開通50年で記念セレモニー=東名高速、吉田沙保里さんが参加

政治・外交

東名高速道路(東京都世田谷区~愛知県小牧市、全長約347キロ)の全線開通50年を記念するセレモニーが26日、足柄サービスエリア(静岡県小山町)で開かれた。五輪3連覇を果たした元女子レスリング選手の吉田沙保里さんが参加し、富士山を模した記念モニュメントを除幕した。

東名高速は1969年に全線開通し、26日で開通50年を迎えた。東西を結ぶ大動脈として人やモノの移動を支え、管理する中日本高速道路の試算では、50年間の経済波及効果は約60兆円に上る。

東名高速道路の全線開通50年記念セレモニーでモニュメントを除幕した吉田沙保里さん(右端)、中日本高速道路の宮池克人社長(左端)ら=26日午後、静岡県小山町の足柄サービスエリア東名高速道路の全線開通50年記念セレモニーでモニュメントを除幕した吉田沙保里さん(右端)、中日本高速道路の宮池克人社長(左端)ら=26日午後、静岡県小山町の足柄サービスエリア

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 運輸政策