トランプ氏、日米貿易の8月合意示唆=両首脳、強固な同盟誇示

政治・外交

安倍晋三首相は27日午前、トランプ米大統領と東京都内の迎賓館で会談した。日米貿易協定交渉について、トランプ氏は「8月に大きな発表ができると思う」と表明。7月に想定される参院選後、速やかに合意に達するとの見通しを示唆した。首相は「令和に入っても同盟の絆が強固であることを鮮明に内外に示したい」と強調、トランプ氏も「同盟はかつてなく盤石だ」と応じた。両首脳は午後に共同記者会見に臨む。

トランプ氏は「日米の貿易不均衡を是正したい」と力説。「日本は多くの防衛装備品を買っているが、米国が作っているものは世界一だ。これによって(日本は)貿易赤字の大幅削減に貢献できるに違いない」と語り、米国からの一層の調達を迫った。貿易協定に関しては、農産物や自動車などで両国の立場に違いがあり、日本側が米国の圧力をかわせるかが焦点となる。

トランプ氏は、核合意をめぐり米国と対立するイラン情勢をめぐり、首相と既に話し合ったと明らかにした。首相は緊張緩和に向けて6月のイラン訪問を検討しており、トランプ氏は「イランも(米国と)話をしたがっていると思う。私たちも話したいと思う。どうなるのか見極めたい」と述べ、首相の対応を支持する姿勢を示した。

首相は「北朝鮮をはじめとする国際社会が直面するさまざまな課題、日米経済、20カ国・地域(G20)首脳会議の成功に向けて、しっかりと日米の調整を図っていきたい」との考えを示した。トランプ氏は北朝鮮との非核化交渉に関し、同国が核実験を実施していないことを指摘し、「うまくいくのではないか」と楽観的見方を示した。

日米首脳会談に臨む安倍晋三首相(右)とトランプ米大統領=27日午前、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)日米首脳会談に臨む安倍晋三首相(右)とトランプ米大統領=27日午前、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 北朝鮮 米国