シャープ戴氏、21年度まで会長継続=鴻海の経営執行に関与せず

経済・ビジネス

シャープの戴正呉会長兼社長は27日、記者団の取材に応じ、2021年度まで会長職を継続する考えを示した。シャープ親会社で、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の取締役に復帰する見通しだが、「鴻海のオペレーション(執行)には関与しない」と述べた。

社長職については「適当な人がいれば交代したい」と改めて語った。引き続き社内外から後継候補を探す。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 台湾