中西経団連会長が入院=来月末まで、体調不良で検査

経済・ビジネス

経団連は27日、中西宏明会長(日立製作所会長)が体調不良のため東京都内の病院へ入院したと発表した。病名は明らかになっていない。今後、本格的な検査を受ける。入院の期間は当面6月末までを予定。トランプ米大統領来日に伴う同日夜の宮中晩さん会は辞退し、今月30日の経団連総会も欠席するなど検査・療養に専念する。

経団連は会長代行を置かない方針。ただ、入院が長引いた場合、経済界と政府の政策面での意思疎通や協調などに支障が生じる恐れもある。

中西氏が出したコメントによると、5月初旬から体調不良が続き、通院して検査を受けていた。さらに詳しく調べるため入院することになったという。都内で開かれた経営者向け会議に出席した21日昼以降、入院したもようだ。

中西宏明 経団連会長中西宏明 経団連会長

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済団体