米大統領夫妻迎え宮中晩さん会=天皇陛下「絆深め平和と繁栄を」-令和初・皇居宮殿

社会

令和初の国賓として来日したトランプ米大統領夫妻を歓迎する天皇、皇后両陛下主催の宮中晩さん会が27日夜、皇居・宮殿で開かれた。天皇陛下は歓迎のあいさつで、「両国の国民が、これからも協力の幅を一層広げながら、揺るぎない絆を更に深め、希望にあふれる将来に向けて、世界の平和と繁栄に貢献していくことを切に願っております」と述べられた。

大統領夫妻は午後7時すぎ、車で宮殿に到着。晩さん会は宮殿内で最も広い豊明殿で開催され、皇位継承順位1位の皇嗣となった秋篠宮さまと同妃紀子さまら皇族方のほか、安倍晋三首相夫妻ら165人が出席。26日の首相と大統領によるゴルフに参加した青木功プロや、ノーベル医学生理学賞受賞者の山中伸弥京都大教授も招待された。

天皇陛下はあいさつの中で、日米両国はさまざまな困難を乗り越えて相互理解と信頼を育み、強い友情の絆で結ばれていると指摘。特に近年は両国関係が芸術やスポーツなど「幅広い分野で深みを増していることを、喜ばしく思います」と述べた。

また、自身と米国とのゆかりについても触れ、英国留学の帰途に訪問した際の印象や、皇后さまが幼少や学生時代に米国に滞在していたことに言及。「私どもは貴国に対し、懐かしさと共に、特別の親しみを感じています」と話した。

乾杯後、答辞に立った大統領は、天皇陛下の即位後初の国賓として再び訪日できたことを大変光栄に思うと述べた上で、「令和が両陛下と皇室、日本全国の人々にとって平和と繁栄の時代となることを心よりお祈り申し上げます」と話した。

両陛下と大統領夫妻は食事後、別室に移り出席者と歓談。午後10時前に夫妻は皇居を後にし、両陛下は宮殿の南車寄から米代表団の車列が見えなくなるまで見送った。

宮中晩さん会で談笑される天皇陛下とトランプ米大統領=27日午後、皇居・宮殿「豊明殿」(代表撮影)宮中晩さん会で談笑される天皇陛下とトランプ米大統領=27日午後、皇居・宮殿「豊明殿」(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室 米国