邦人男性死亡、体内からコカイン=「運び屋」か、成田行き機内-メキシコ

社会

【サンパウロ時事】メキシコ北西部ソノラ州の検察当局は26日、メキシコ市発成田行きの旅客機に搭乗していた日本人男性(42)が機内で死亡し、体内からコカインを小分けにした袋246個が見つかったと発表した。日本に密輸を図ろうとしたが、袋が破損したため過剰摂取状態となり中毒死したとみられる。

検察によると男性は「ウド・N」。地元紙エルソルデメヒコは「サトシ・ウド」と報じている。世界最大のコカイン生産国コロンビアのボゴタからメキシコ経由で日本に向かっていた。メキシコ市空港をたってしばらくしてから機内で体をけいれんさせるなど異常な状態を示したため、搭乗機は24日未明、ソノラ州の州都エルモシジョの空港に緊急着陸。間もなく死亡が確認された。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 メキシコ