トランプ氏、海自護衛艦に乗艦=米大統領初、安倍首相「強固な同盟」

政治・外交

安倍晋三首相とトランプ米大統領は28日午前、海上自衛隊横須賀基地(神奈川県横須賀市)を訪れ、停泊中のいずも型護衛艦「かが」に乗艦した。米大統領が海自護衛艦に乗り込むのは初めてで、日米両首脳は自衛隊と在日米軍の隊員を激励。首相は「日米同盟は、これまでになく強固になった。この艦上に、われわれが並んで立っていることがその証しだ」と国際社会にアピールした。

両首脳は艦内の格納庫で、約500人の日米隊員を前に訓示。首相は「日米両国の首脳がそろって自衛隊、米軍を激励するのは史上初めてのことだ」と指摘。同艦を改修して米国製の最新鋭ステルス戦闘機F35Bを運用する計画に触れた上で「地域の平和と安定に一層、寄与していく」と訴えた。

首相にはトランプ氏に米国製の防衛装備品の大量調達が貿易不均衡是正につながると印象付ける狙いもありそうだ。トランプ氏は「日本は同盟国の中でも、最大規模のF35戦闘機群を持つことになるだろう」と歓迎。「首相は強い決意で日本の防衛能力を高めようとしている。米国の安全を高めることに貢献している」と評価した。

トランプ氏は大統領専用ヘリで護衛艦に到着した。米海軍横須賀基地で、強襲揚陸艦「ワスプ」にも乗艦し、米国民向けに演説。令和初の国賓として25日に来日したトランプ氏は横須賀での行事で全ての日程を終え、28日午後に羽田空港から大統領専用機で帰国の途に就いた。

海上自衛隊の護衛艦「かが」に乗艦し、記念撮影に臨むトランプ米大統領(左から2人目)とメラニア夫人(左端)、安倍晋三首相(左から3人目)と昭恵夫人=28日午前、神奈川県横須賀市の海上自衛隊横須賀基地(代表撮影)海上自衛隊の護衛艦「かが」に乗艦し、記念撮影に臨むトランプ米大統領(左から2人目)とメラニア夫人(左端)、安倍晋三首相(左から3人目)と昭恵夫人=28日午前、神奈川県横須賀市の海上自衛隊横須賀基地(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 神奈川県 米国