包丁4本所持、計画的か=小学生ら19人刺される-2人死亡、確保の男も・川崎

社会

28日午前7時40分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の小田急線登戸駅周辺で、スクールバスを待っていた私立カリタス小学校=同区=の児童ら19人が男に次々と刺され、小学6年の栗林華子さん(11)=東京都多摩市桜ケ丘=と別の児童の父親で外務省職員の小山智史さん(39)=世田谷区=が死亡した。

神奈川県警捜査1課によると、男は川崎市麻生区多摩美、職業不詳岩崎隆一容疑者(51)。現場で自分の首を刺し、搬送先の病院で死亡が確認された。当時、包丁4本を所持しており、同課は計画的に児童らの殺傷に及んだとみて、殺人容疑で動機などの解明を進める。

同課によると、他に刺されたのは同小の女子児童15人、男子児童1人と40代女性。女性と女児2人が重傷だが、いずれも命に別条はなく、他の被害者のけがは軽い。

死亡した2人が搬送された日本医科大武蔵小杉病院(川崎市)によると、栗林さんは首の辺りを切られ、小山さんも首や鎖骨、背中を計4カ所刺されていた。他の児童も顔や肩など上半身に傷が集中していた。

岩崎容疑者は両手に刃渡り約30センチの柳刃包丁を持ち、小山さんの背中を刺した後、バス停前に並んでいた児童に切り付けた。運転手が「何やってんだ」と言うと、自分の首付近を刺したという。所持品のリュックの中から別に包丁2本も見つかった。

目撃者によると、同容疑者は身長約170センチの丸刈りで、黒のTシャツとジーンズを着用。児童らを襲う直前、「ぶっ殺してやる」と叫んでいたとの情報もある。

運営法人によると、カリタス小学校(内藤貞子校長)は1963年設立。小学校は男女共学で児童数は昨年5月時点で647人。スクールバスは登戸駅から学校まで運行しているという。

現場は小田急線やJR南武線が乗り入れる登戸駅の近くの住宅街。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 神奈川県 川崎市