トヨタ、中国配車大手に出資=滴滴とライドシェア協力拡大

経済・ビジネス

トヨタ自動車が、中国の配車アプリ最大手、滴滴出行に出資し、ライドシェア(相乗り)事業で協力拡大を検討していることが29日、分かった。両社で中国に合弁会社を設立し、滴滴のサービスを使う運転手に車両をリースする。出資総額は600億円規模の見通し。世界最大の自動車大国・中国で新事業の基盤を強化する。

新設する合弁会社はトヨタの車両を購入し、運転手に貸し出すサービスを展開する計画だ。車両整備はトヨタの販売店などが手掛ける。将来的には、現地で需要が大きい電気自動車(EV)の投入も検討するとみられる。

トヨタは世界各地で配車サービスなど異業種との連携を推進。滴滴とはライドシェアや、トヨタの自動運転式のEV「イーパレット」を使った新事業の開発で提携済みだ。今回の出資により関係を一層緊密化させてノウハウを蓄積し、モビリティー(移動手段)サービスの分野で勝ち残りを目指す。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国際業務 提携・合併・買収 中国