谷垣氏を名誉顧問に=東京パラ懇談会で-東京都

政治・外交

東京都は29日、2020年東京パラリンピックの成功やバリアフリー推進に向けた懇談会の名誉顧問を自民党前幹事長の谷垣禎一氏に委嘱した。谷垣氏は16年7月の自転車事故による大けがで政界を引退。現在は車いすを使用している。

小池氏は都庁内で谷垣氏に委嘱状を手渡し、「パラリンピックの成功と障害を持つ人々が快適な生活ができるような助言を」と語りかけると、谷垣氏は「まだ万全な体調ではないが、できる限り頑張る」と応じた。同氏は今後、懇談会メンバーとして大会に向けたバリアフリー対策などの議論に加わる。

東京パラリンピックの成功やバリアフリー推進に向けた懇談会の名誉顧問の委嘱状を谷垣禎一自民党前幹事長(左)に手渡す小池百合子都知事=29日午後、都庁東京パラリンピックの成功やバリアフリー推進に向けた懇談会の名誉顧問の委嘱状を谷垣禎一自民党前幹事長(左)に手渡す小池百合子都知事=29日午後、都庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) 東京都