3社連合、FCA統合案を議論=ルノーはメリット説明-日産・三菱自賛否示さず

経済・ビジネス

日産自動車、フランス自動車大手ルノー、三菱自動車の3社連合は29日、横浜市内で首脳会議を開き、欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)がルノーに提案した経営統合について議論した。ルノー側は統合による規模拡大などのメリットを説明。ただ、日産と三菱自は賛否を明確にしておらず、今後両社がどのように対応するかが焦点となる。

3社連合は会合後、「FCAからルノーへの提案について、オープンで透明性のある議論を行った」との声明を発表した。会議には日産の西川広人社長、ルノーのジャンドミニク・スナール会長とティエリー・ボロレ最高経営責任者(CEO)、三菱自の益子修会長兼CEOが参加した。

会議では、ルノー側が「自動車産業は難しい状況にあり、FCAとの提携で問題を克服したい」と理解を求めた。西川氏は29日夜、東京都内で記者団の取材に応じ、「(統合案は)全体的に決してマイナスではない」と指摘。その上で、ルノーが目指している日産との統合に関し、「(ルノーは)FCAとの統合を優先していくだろう」との見方を示した。

益子氏も取材に対し、ルノーとFCAとの統合への対応について「これから検討する。きょうは話を聞いたばかりで、回答できない」と語った。

3社連合にFCAが合流すれば、販売台数が1500万台超と世界最大になる。FCAは、ルノーとの統合後、日産・三菱自と連携することで、年10億ユーロ(約1200億円)の相乗効果があると試算している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 フランス イタリア 米国