生サンマが初入荷=1カ月早く、小型で安値-豊洲市場

経済・ビジネス

東京・豊洲市場(江東区)に30日朝、生サンマが例年より1カ月以上早く初入荷した。ここ数年の不漁を受けて、今年から出漁時期が早まったため。売り場に並んだのは昨年7月の初荷とほぼ同量の約290キロ。小型魚だったこともあり、新物としては異例の安値スタートとなった。

同日入荷したのは、北海道の根室港で28日に初水揚げされたサンマ。1匹100グラム型が中心で例年より一回り以上小さく、「脂が乗っておらず、身が細過ぎる」(仲卸業者)と評価は厳しかった。この時期は漁場が太平洋沖の遠い公海上で、「鮮度があまり良くない」(同)こともあり、卸値は1匹当たり40~220円と昨年の3分の1以下にとどまった。

北海道で水揚げされ、例年より1カ月以上早く豊洲市場に初入荷した生サンマ=30日午前、東京都江東区北海道で水揚げされ、例年より1カ月以上早く豊洲市場に初入荷した生サンマ=30日午前、東京都江東区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 資源 東京都