液体のり成分で増殖=マウス造血幹細胞-東大など

科学 社会 技術

マウスの造血幹細胞を実験容器内で培養、増殖させる際、現在よく使われるウシの血清成分の代わりに合成樹脂の一種を使うことができたと、東京大と米スタンフォード大、理化学研究所のチームが発表した。論文は30日、英科学誌ネイチャー電子版に掲載された。

この合成樹脂は液体のりや医薬品添加剤などに広く使われる「ポリビニルアルコール(PVA)」。造血幹細胞は骨髄にあり、自ら分裂増殖するとともに、血液細胞の赤血球や白血球、血小板に変わる。

東大医科学研究所の山崎聡特任准教授はヒトの造血幹細胞をPVAで増殖させるには工夫が必要と指摘。その上で「ヒト造血幹細胞で実現すれば、低いコストで大量に増やせるため、白血病など血液疾患の治療に利用できる」と話した。

造血幹細胞の培養に現在使われるウシ血清成分のたんぱく質「アルブミン」は、精製過程で少しでも混入物があると、造血幹細胞が分裂増殖し続けるのでなく、血液細胞にすぐ変わってしまう。たんぱく質が酸化すると細胞が老化する問題もあるが、PVAを使えば解決できるという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 科学技術(理系的) 科学 技術 米国