ジブリパークで基本合意=22年秋開業へ-愛知県

政治・外交

愛知県は31日、愛・地球博記念公園(長久手市)で2022年秋に開業予定の「ジブリパーク」の整備に向けて、スタジオジブリ(東京)、中日新聞社(名古屋市)と基本合意書を締結した。県が施設を建設し、企画や管理はスタジオジブリと中日新聞が設立する運営会社が担う予定。20年度に工事に着手する。

大村秀章知事は同日の記者会見で「ジブリ作品の世界観を伝え残す形で整備し、世界に類を見ない唯一無二の公園を目指す」と強調。スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは「国内外の多くの方に喜んでもらえるよう頑張る」と語った。

ジブリパークは、ジブリ作品の世界を再現することを目指し、「ハウルの動く城」「耳をすませば」「もののけ姫」「魔女の宅急便」などに登場する建物や店、家などをテーマ別に5エリアに分けて整備。「ジブリの大倉庫エリア」では映画にまつわる展示品を収め、遊び場やシアターを造る。

ジブリパーク整備に向けて基本合意し、握手するスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(右)と愛知県の大村秀章知事=31日午後、県庁ジブリパーク整備に向けて基本合意し、握手するスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(右)と愛知県の大村秀章知事=31日午後、県庁

愛知県とスタジオジブリが整備するジブリパーク内の「ジブリの大倉庫エリア」の全体図(スタジオジブリ提供)愛知県とスタジオジブリが整備するジブリパーク内の「ジブリの大倉庫エリア」の全体図(スタジオジブリ提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) 東京都 東海 名古屋市