東芝、仏トタルにLNG事業売却へ=今年度930億円損失-負の遺産処理

経済・ビジネス

東芝は1日、米国で手掛ける液化天然ガス(LNG)事業を、仏エネルギー大手トタルに売却すると発表した。中国ガス大手に売却する契約の解除を4月に決め、新たに売却先を探していた。米LNG事業は最大1兆円の損失が出る恐れがあり、経営再建への重しとなっていた。売却に伴い2020年3月期に930億円の損失を計上するが、懸案だった「負の遺産」の処理へめどを付けた。

東芝とトタルは1日までに米LNG事業の売買契約を締結。米当局などの審査を経て、20年3月末までに売却を完了させる計画だ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 フランス 米国