元農水次官を殺人未遂容疑で逮捕=長男刺され死亡-警視庁

社会

1日午後3時40分ごろ、東京都練馬区早宮の住宅で「息子を刺し殺した」と110番があった。警視庁練馬署員が駆け付けたところ、1階和室で男性が倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。同署は殺人未遂容疑で、この家に住む元農林水産省事務次官の熊沢英昭容疑者(76)を現行犯逮捕した。「長男を包丁で刺したことは間違いない」と容疑を認めているという。

同署によると、死亡したのは熊沢容疑者の長男で無職の英一郎さん(44)。同署は容疑を殺人に切り替えて詳しい経緯を調べる。

英一郎さんは胸など複数箇所を刺され、布団の上であおむけに倒れていた。熊沢容疑者は妻と長男の3人暮らしで、警察官の到着時、妻は不在だった。

逮捕容疑は、1日午後3時半ごろ、同区早宮の自宅で、室内にあった包丁で英一郎さんの胸などを刺し、殺害しようとした疑い。

熊沢容疑者は岐阜県出身で、農林水産審議官や事務次官を歴任。事務次官時代にはBSE(牛海綿状脳症)問題の対応に当たった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 東京都