安倍首相、ハメネイ師との会談調整=反米のイラン最高指導者

政治・外交

安倍晋三首相が今月中旬に予定するイラン訪問の際、ロウハニ大統領に加え、最高指導者ハメネイ師との会談を調整していることが分かった。日本の首相がハメネイ師と会うのは初めて。米国とイランの緊張が高まる中、首相は日本とイランの伝統的な友好関係を生かして仲介役を果たしたい考えだ。

複数の日本政府関係者が3日、明らかにした。イランの国政全般に影響力を持つ反米強硬派のハメネイ師と会談することで、緊張緩和に向けた事態打開を目指す。

首相のイラン訪問は12~14日を軸に調整。河野太郎外相も二つの会談に同席する見通し。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 イラン 米国