ジェットスター、6月に70便運休=人繰り難で新千歳線など

経済・ビジネス

格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパン(千葉県成田市)は3日、6月の運休が70便に上るとの見通しを発表した。パイロットの人繰りが難しいためで、運航本数全体の約2%に当たる。1日と2日だけで既に16便が運休した。

対象は成田-新千歳など国内線58便と、台北行きなど国際線12便。予約客約7500人には、便の振り替えや払い戻しの手続きを始めた。

6月の一部運休を発表したジェットスター・ジャパンの航空機(同社提供)6月の一部運休を発表したジェットスター・ジャパンの航空機(同社提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース その他企業(事業継続BCP・リスク管理)