ピエール瀧被告、起訴内容認める=求刑懲役1年6月-コカイン使用初公判・東京地裁

社会 文化

コカインを使用したとして、麻薬取締法違反罪に問われたミュージシャンで俳優だったピエール瀧(本名瀧正則)被告(52)の初公判が5日、東京地裁(小野裕信裁判官)であった。罪状認否で瀧被告は「(間違い)ありません」と述べ、起訴内容を認めた。検察側は懲役1年6月を求刑。弁護側は執行猶予付き判決を求め、結審した。判決は18日。

瀧被告は被告人質問で「ミュージシャンとして業界に入ったが、役者といった多様な仕事が舞い込むようになり、私生活が圧迫されていった。ストレス解消のためで、自分の心の甘さがあった」とコカインを始めた経緯を語った。

検察側は「20代から使用していた。仕事が多忙な中、ストレス発散のため安易に継続して使用した」と非難。弁護側は薬物治療を受けていることなどを挙げ、寛大な判決を求めた。

起訴状などによると、瀧被告は3月12日ごろ、東京都世田谷区のマンション一室でコカイン若干量を吸引したとされる。

瀧被告は1989年にバンド「電気グルーヴ」を結成し、海外ツアーを行うなど人気を博した。俳優としてNHK大河ドラマ「いだてん」にも出演していたが、NHKは代役を立てる措置を取った。所属事務所はマネジメント契約を解除。瀧被告は保釈保証金400万円で保釈された。

ピエール瀧被告ピエール瀧被告

ピエール瀧被告の初公判が行われた東京地裁前に集まる報道陣=5日午前、東京都千代田区ピエール瀧被告の初公判が行われた東京地裁前に集まる報道陣=5日午前、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 芸能 文化 裁判 東京都