1万メートル緊急降下=空調系トラブルで-ANA機

社会

国土交通省は5日、米サンノゼ発成田行きの全日本空輸(ANA)171便(ボーイング787-8型、乗客乗員163人)が1日午後2時ごろ、機内の気圧を保つ空調系統のトラブルで約1万メートル緊急降下していたと発表した。けが人はいなかった。

国交省によると、171便は成田空港の北東約580キロ、高度約1万3000メートルの洋上を飛行中、二つある空調系統が相次いで停止。緊急宣言を発して、気圧を安定させるために約3000メートルまで降下した。そのまま約1時間飛行を継続し、緊急宣言を取り消して成田空港に着陸した。

国交省は事故につながりかねない重大インシデントに認定。運輸安全委員会が5日、航空事故調査官4人を成田空港に派遣し、原因の調査などを始めた。

緊急降下の原因調査のため全日本空輸(ANA)の施設に入る航空事故調査官=5日午前、成田空港緊急降下の原因調査のため全日本空輸(ANA)の施設に入る航空事故調査官=5日午前、成田空港

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安全・危機管理 運輸・交通