落下物は米軍ヘリ部品=沖縄県抗議へ

政治・外交

沖縄県浦添市内の中学校テニスコートで見つかった落下物は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属のCH53E大型輸送ヘリコプターの回転翼を保護するゴム製テープだったことが5日、県などへの取材で分かった。謝花喜一郎副知事は県庁で記者団に「一歩間違えれば重大な事故につながりかねない」と述べ、近く在沖米軍に抗議すると表明。松本哲治浦添市長も記者会見し「一日も早い普天間飛行場の閉鎖、撤去を求めたい」と語った。

一方、菅義偉官房長官は同日の記者会見で「誠に遺憾であり、安全管理や再発防止の徹底を米側に強く求めていく」と述べた。防衛省によると、在沖米海兵隊はテープを使っている全ての機体を検査する。

テープは重さ約20グラムで、4日午後に部活動中の生徒がヘリから落ちるのを目撃していた。

沖縄県浦添市の中学校で米軍の落下物が確認されたことについて記者の質問に答える謝花喜一郎沖縄県副知事=5日午後、県庁沖縄県浦添市の中学校で米軍の落下物が確認されたことについて記者の質問に答える謝花喜一郎沖縄県副知事=5日午後、県庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 沖縄