陸上イージス配備調査に誤り=防衛省説明、秋田知事は反発

政治・外交

防衛省は5日、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備をめぐり、秋田県などに説明していた候補地選定の調査内容に9カ所の誤りがあったことを明らかにした。防衛省の深沢雅貴官房審議官が秋田県議会を訪れて説明した。佐竹敬久知事はコメントを公表し、「信頼関係を著しく損なうものだ」と同省を批判した。

同省は先月27日の秋田県への説明で、新屋演習場(秋田市)の代替候補地として検討していた東北地方の国有林など計19カ所について「不適」と報告していた。

しかし、このうち9カ所は周囲にレーダーを遮る山があることを理由としていたが、周囲の山との角度が過大に記載されていたという。再計算の結果、4カ所は基準値内に収まっていたが、同省はインフラなどの観点から、いずれも「不適」の判断に変わりはないとしている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 東北 秋田県 秋田市