横浜市営地下鉄で脱線=けが人なし、工事用装置乗り上げ

社会

6日午前5時20分ごろ、横浜市営地下鉄「ブルーライン」の始発列車が、同市泉区の下飯田駅を出発した直後に脱線した。乗客約130人にけがはなかった。運輸安全委員会は、原因を調べるため鉄道事故調査官3人を現地に派遣した。

市交通局によると、湘南台発の始発列車が隣の下飯田駅を出た直後、6両編成のうち先頭から5両目までが、進行方向の左側に脱線した。6日未明、工事用車両を移動させるためレールの分岐部分にかぶせた金属製の「可動式横取り装置」がそのまま放置され、乗り上げたとみられる。

本来は、装置を撤去した後に作業中を知らせる警告灯を止めるが、作業員が撤去前に止めており、撤去を失念した可能性があるという。

列車は脱線時、時速約35キロのスピードだったとみられ、乗務員が衝撃を感じてから約40メートル走行した。事故後、乗客は係員の誘導で、線路上を歩いて下飯田駅まで移動した。

記者会見した城博俊交通局長は「人的ミスの可能性が高いと考えており、再発防止に取り組む」と陳謝した。

脱線した横浜市営地下鉄「ブルーライン」の車両=6日午前(同市提供)脱線した横浜市営地下鉄「ブルーライン」の車両=6日午前(同市提供)

地下鉄「ブルーライン」の脱線事故を受け、謝罪する横浜市の城博俊交通局長(中央)ら=6日午前、同市役所地下鉄「ブルーライン」の脱線事故を受け、謝罪する横浜市の城博俊交通局長(中央)ら=6日午前、同市役所

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故 運輸・交通 神奈川県 横浜市