日米閣僚、13日に貿易協議=関税撤廃・削減で意見交換

政治・外交

茂木敏充経済再生相は7日午前の閣議後記者会見で、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と、米ワシントンで13日に貿易協議を開催する方向で調整していると述べた。牛肉などの農産品や、自動車など工業品の関税撤廃・削減に関して意見交換する。

両国政府は閣僚級協議に先立ち事務レベルでも議論する。茂木再生相は「日米の立場の開きを埋める努力をしていくことで一致している。双方にとって利益になる形の合意を目指したい」と語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 通商政策 米国