サニブラウン、100メートル日本新=喜びより悔しさ、尽きぬ向上心-陸上

スポーツ

【オースティン(米テキサス州)時事】陸上の全米大学選手権は7日、テキサス州オースティンで行われ、男子100メートル決勝でサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が日本新の9秒97を出して3位に入った。同200メートル決勝では日本歴代2位の20秒08をマーク。いずれも記録が公認される追い風0.8メートルだった。

100メートル決勝。ゴールしたサニブラウンに喜ぶ様子はなかった。日本記録よりも、ナイジェリア出身のオドゥドゥルらに引き離されたレース内容に悔しさが募った。「もうちょっと速く走れたかなと思っていた」。問題は勝負どころの60メートルを過ぎてから。武器であるストライド(歩幅)が必要以上に広がってしまったと言う。

そんな中、得意ではなかったスタートの改善が日本記録につながった。「今大会は割とスムーズに出られていると思う。練習してきたことが、少しずつ身についてきている」と前向きに語った。

準決勝、決勝ともリレーを含め1日3レースをこなす過酷な日程だったが、同じ条件で走ったオドゥドゥルは100、200メートルとも自己ベストをそろえて優勝した。「そういう人が世界のトップレベルで戦える人なのかなと思った」とサニブラウン。レース後の厳しい表情は、尽きない向上心の表れかもしれない。

陸上全米大学選手権の男子100メートル決勝で、9秒97の日本新記録を樹立したサニブラウン・ハキーム(右)=7日、米テキサス州オースティン陸上全米大学選手権の男子100メートル決勝で、9秒97の日本新記録を樹立したサニブラウン・ハキーム(右)=7日、米テキサス州オースティン

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 米国