携帯違約金「1000円以下」=「2年縛り」の途中解約-総務省

政治・外交 経済・ビジネス

携帯電話の2年契約を途中解約する場合に発生する「9500円」の違約金について、総務省が「1000円以下」とする方針であることが8日、分かった。携帯電話会社を乗り換えやすくし、競争を促すのが狙い。端末代の値引きも「2万円」を上限とする方向だ。

総務省は11日、携帯料金の引き下げを議論する有識者会議を開催し、こうした案を示す。議論を踏まえ、月内にも改正電気通信事業法の省令改正案をまとめ、今秋ごろの実施を目指す。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 電気通信政策 販売・価格改定・販促・見本市など 消費者対策