G20「さらなる行動の用意」=貿易摩擦は世界経済リスク-財務相会議が閉幕

経済・ビジネス 政治・外交

福岡市で開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は9日夕、閉幕した。採択された共同声明は、世界経済について「リスクは依然として下方に傾いている。貿易と地政学をめぐる緊張は増大してきた」とし、米国と中国の対立に懸念を表明。「これらのリスクに対処し続け、さらなる行動を取る用意がある」と明記した。

声明は、世界経済の基本認識について「今年後半から2020年にかけて緩やかに上向く」と判断。しかし、減速リスクが顕在化した場合を念頭に、「財政政策は機動的に実施し、成長に配慮したものとすべきだ」と強調した。

同会議が日本で開催されたのは初めて。終了後、議長を務めた麻生太郎財務相と黒田東彦日銀総裁が記者会見。麻生氏は「米中貿易などの問題は経済に与える影響が大きい」と語った。黒田氏は「リスクが顕在化した場合は、各国が状況に応じて対応することを確認した」と述べた。

貿易問題では、日本や中国に貿易収支で巨額の赤字を抱えている米国は2国間での不均衡是正を要求し、対中制裁などを乱発している。日本は議長国として、米中対立の激化を避けるため、モノの貿易だけでなく、投資やサービスを含めた経常収支に注目するべきだと主張。会議で支持を取り付け、声明に「経常収支の全ての構成要素に着目する必要がある。(同収支の)不均衡は依然として高水準だ」と明記した。

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を終え、写真撮影に応じる麻生太郎財務相(前列中央右)と黒田東彦日銀総裁(同左)ら各国の参加者たち=9日午後、福岡市中央区20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を終え、写真撮影に応じる麻生太郎財務相(前列中央右)と黒田東彦日銀総裁(同左)ら各国の参加者たち=9日午後、福岡市中央区

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を終え、記者会見する麻生太郎財務相(左)と黒田東彦日銀総裁=9日午後、福岡市中央区20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を終え、記者会見する麻生太郎財務相(左)と黒田東彦日銀総裁=9日午後、福岡市中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済国際会議 金融政策 九州 福岡市